PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シルク色々:前半

やっと夏らしく暑くなってきました。
どんなに暑くても日中クーラーをつけずに汗をダラダラかきながら
PCに向かっている根性をもっと他に生かしたいです。
玉琳ですこんばんは。
推定室温37度、湿度50%でも汗かいて意識朦朧としながら
perl言語と格闘していた去年に比べればぬるいぬるい。

さて。
今回はチョイとばかし長いので2部構成で参ります。

もうちょっと(30%)でレベル52になろうかというところだったので
1日ゴルチケを再度投入してレベルアップを図りました。
お供は勿論いつもどおり。
とりあえず纏めてもさほど迷惑にはならんだろう、という領域を決めて
その中でひたすら纏め→ヒャッホイを繰り返していました。
迷惑だったらごめんなさい。

他にもレーダーに映らない範囲で狩っている人もいたので
沸きも比較的よく、気持ちいいくらい纏めてくれます。
そしてソレをなぎ倒していく所にもう大興奮。
「アハハハハハ!見ろ!猿人が紙のようだぁ!」と言ったかどうかは
記憶の域を出ないのですが、まぁそんな感じでした。
途中Gがいたので「オレンダー」と突っ込んで闘魂かましたら

うわぁ
後ろにもGが沸いた挙句に周囲のノーマルやらなんやらかんやら沸きまくり。
もう雷スキル+範囲攻撃最強。
「もっと持って来い」状態で調子に乗って叩いてたら軽く死に掛けたり。
というか、一回死んだ気がする。あれは纏めすぎた。(推定9体)

そんな感じで。のサポートも受けつつ無事にレベルアーップ。
アップアップ
六甲丸もアップアップ。
六甲丸は基本的に死ぬ事がないのでいつも主人のレベルアップを待っています。
マスタリナシはいいよなぁ。SP全く入らないけど。

20分ほど残っていたゴルチケもそのまま猿人&金猿人を倒して
3時間のゴルチケタイム終了。
52武器を装備したら猿人が軽い軽い。
こりゃ52武器になっても猿人を狩り続ける人の気持ちがわかるわ。
6級武器を装備している人間からすると甚だジャマだなぁ~と思っていましたが
サクサク倒せる上に経験値もオイシイ。こりゃいいわ。
でも積極的に狩らないよ。カラコラム入り口で道を塞いだり
追いかけてきたヤツは容赦なくぶっ叩くけど。
実は52に上がった直後くらいから急激にやる気がなくなっていたのは
とりあえず内緒にしとこうかな、と思っています。

また今回の狩りでは異常にアイテムドロップがありました。
マスコットのインベントリがいっぱいになるほどの武器防具。
その中に45護具頭月印章がありました。
マスコットがアイテム拾わなくなったので確認をしたら印章が入ってました。
「いいいいいい、印章キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!! 」と
チャットを打ちつつアイテム整理してたら目の前にG+ノーマル4匹程
沸いて危うく死にそうになったり。あれはマジ焦った。

ゴルチケも終わって和田に帰還後、アイテムを整理して少々露店放置。
狩りの疲れを癒しつつアイテムの売れ行きに一喜一憂してました。

露店巡りの人の波も途切れてきたので、再び。とお出かけ。
猿人を卒業するのでカラコラム探索と称して52武器試し切りツアーに。
共同PTを組んでオンラインゲームみたいな役割分担で遊んでみました。
共同作業にみせかけて
まずはスケートリンクで戦士のお兄さんとクリオネと戦闘。
共同作業に見せかけて大体。が狂雷ぶっ放してます。
ただ、戦士のドリルが痛いらしいのでずっと横で回復してました。
私やっぱり僧侶です。ほら、槍装備できるしね。

その後オアシスを抜けて魔神イエティゾーンに。
ここからは私が手を出すと多分死ぬので全部攻撃は。狂雷。
後ろから休む間もなく回復回復。

落ち着いた所で試しに一匹叩いたら苦労はするものの
魔神イエティも倒せる模様。いつか狩りに来よう。
ドキドキムネムネ

魔神イエティゾーンのど真ん中で温泉張って和田に帰還。
温泉が切れたら二人とも死ぬというハラハラドキドキを味わいましたが
特別何もなかったです。無事でよかった。

帰還後、ちょっと放置した後狩り足りなかったので氷花を
ちまちま狩っていた時に一本のwisが飛び込んできました。

– Disk.B を入れてください –

| シルクロード | 21:21 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2006/08/13 22:32 | | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://silk04.blog62.fc2.com/tb.php/54-daebe048

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT