PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

錬金!錬金!

印章出るまで書き続けてやる。
玉琳ですこんばんは。ネタが切れるのが先か印章が先か。

我等国際救助隊のマスコットである「蘇生、する?」の
インベントリに謎の盾があります。
名前は斉天大西盾。使用者要求レベルは60。
当然槍使いの私の荷物ではない。
あの顔の白い男で自分よりレベルが低い私にも
容赦なく狂雷をぶっぱなす。の持ち物です。

こりゃなんぞや、と問うと回答はこうだった。
「その盾、魔盾だから」

かつて。は32の星剣を拾った時にも同じ言葉を言っていた。
「この剣、魔剣なんだよ」

どうやらこの盾も相当エリクを飲んでいるらしい。
何個飲んだかはとりあえず聞かなかったけど相当な数である事は間違いない。
ちなみに32星剣は1000万で露店に出して「最早売り物じゃないな」と
自虐的に話していたくらい。ご愁傷様である。
結局あの魔剣どうしたんだっけ。コレクション行きだったかな。


「目標は+5なんだけど+2すら成功しない事もある」
こう言われたので盾エリクが余っていた時、代わりに錬金したものの
見事に惨敗。エリク7個を使ってようやく+2にしたくらい。
なんて魔盾だ。ちぅか、エリク食いすぎ。お前太るぞ。
フルーツタルト食べてから微妙に太った私が宣言するんだから間違いない。


そんな魔盾ですが槍使いの私にとって盾エリクなんて無用の物。
入手するたびに錬金をしていたのでなんとか+3をキープしていました。
本日、盾エリクが1個手に入ったので錬金してみようと思い
ボヤッキー並の勢いで錬金しました。
そりゃもう「ポチっとな」くらいの勢い。

シャリーン

シュオワワワワワワ
+4

+4になってるよ。。
どうしよう、ギャグのつもりでやったのに。

確か倉庫に1個だけ盾エリクあったよな。

………(ちょっと考えてる)

よし、やろう。
失敗したって盾エリクまた溜めればいいだけだ。
どうせ盾エリクなんて使わないし売ろうにも売れないし。

早速倉庫から盾エリクを持ち出し、雑貨屋でパウダーを買って準備万端。
よし、やるぞ。

と、その前に都市伝説を信じてみよう。
ダメで元々。成功したらめっけもん。

えいやっ。

ポチッ


キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━!!




…ホントに行ったよ。凄いよ都市伝説。
早速。に喜びの報告、そして交換。
証拠品
念願の+5です。初めてじゃないかなぁ、+5なんて。


お披露目
というわけで早速お披露目してもらいました。ピンクです。
ピンクがうねうねしてます。凄いなぁ。

さてここで問題です。
この盾、エリク何個飲んだでしょうか?


正解した方には何もでません。
せいぜい都市伝説をコッソリお教えするくらいでしょうか。。

ちなみに今回実行した都市伝説、結構恥ずかしいです。
誰もいない時、それが錬金チャンス。

| シルクロード | 23:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://silk04.blog62.fc2.com/tb.php/40-ad65b945

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT