PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ユニークイベントで気がついたこと

暑い日はのど越しの良いゼリーとかプリンとかがおいしいです。
なのでプリンエルを買って作りまくろうと思ったら
常備の牛乳が残りわずかになっていました。
仕方ないのであんず棒凍らしたものを咥えております。
玉琳ですこんにちは。
ちなみにゼリーはナタデココ入りが大好きです。

今回は先日まで行われていたユニークPOイベントについて。
後半になるとちょっと頭のおかしい事かいてるかもしれませんが
それは仕様です。


前回のイベントの時に何回かドカンに行ってみましたが
おいしくない・楽しくないだったので今回もメインはスルーしました。
(ちなみに前回は試作型でSP貯めてましたが)

でも狩場が砂漠なのでぶらぶらと散歩をしていたら
タイマン
10分ほどタイマンする機会にも恵まれました。
途中でご一緒したヲリさんとその後更に10分わーわー言いながら叩きましたが
イナゴのような軍団が来てあっという間に掻っ攫っていき、
風のようにさっさとどっかに行ってしまいました。
横殴りとかそういう気持ちはサラサラないのですが
イナゴ軍団は効率を求めすぎて気分が宜しくなかったです。
お疲れさま、の一言もいえねぇのかと。
そんな不愉快な思いをする事が多いので
このイベントにはあまり参加してませんでした。


とかいいつつ。
実はひっそりと育てていたヲリ子で何度もユニークにいっておりました。
一部の人にはバレバレでしたが、とにかくひっそりと育てた子です。
低レベルのヲリは需要が少なく、超就職困難だったので
ずっとずっとソロ狩りをしていたのですが
ユニークで思う存分タウントして壁してやるんだぜ!と思い参戦してました。

毎回同じ人が立てるPTに壁として入っていたのですが
参加するたびに「待ってましたよ、今日も一緒にがんばりましょう」と
声をかけてくれ、正直舞い上がってました。
安心して攻撃できます、とか言われちゃったりもしたので
「絶対死人出さないぞぅ」とか思ったくらいでした。
クレがいない状況だと死人が出てもみんなで途方にくれるだけですし。


「みんなで頑張ろう」と声をかけ和気藹々とほかのPTも混じりながら
ユニークを叩く光景を見て白虎Gとかを通りすがり同士で
ギャーギャー言いながら叩いていたシルク初期の頃を思い出してしまいました。


今では助けようと思えば「横殴りするな」とか言われたり
内功かければ「邪魔すんな、鯖落ちさせる気か」とか言われたり
経験も入らないスキル(狂夜とか)で支援すると「経験吸うな」とか言われたり
正直ヘコむ事も多いゲームになってしまい。
(全部実話。訂正するのも面倒なのでさっさと退散してました)


いつしか自分もユニークなんかを見つけると
独占してやるんだぜフゥーハハァーとか思うようになっていたのですが、
ヲリ子で参加したユニーク戦を通じて忘れていた何かを思い出させて貰いました。


「自分が自分が」じゃなくて、
一歩ひいた所にもっと楽しい境地があるんだって事を。


こんな大事な事を改めて気づかせてくれたあの方にお礼が言いたい気持ちです。
最終日に探したけど、いなかったので甚だ残念ではありますが
同じゲームにいる以上、いずれどっかで会えますから
その時に改めてお礼を言おうかなぁ、と思っています。


そして壁しながら再認識したこと。


やっぱ支援キャラって最高だよね!1!


色んなEU子を作っては消し作っては消ししていましたが
最終的にはヲリクレで落ち着きそうです。
やっぱ救助隊だしね。クレはかかせんのですよ。


というわけで

低レベルの重鎧月印章以上を格安で買いますささよろ^^^^^^^^^^^^^
もう重鎧ヲリさまじゃないとボク生きていけないよ。
バド泣かせだろうがなんだろうが、重鎧かっこいいよ重鎧。


<おまけSS>
似合わない
にあわねぇ。

| シルクロード | 10:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://silk04.blog62.fc2.com/tb.php/254-31ed2e03

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT