PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

すいーとぽてと

昨日のネタなのですがすいーとぽてと作りました。
お菓子の本とかと作り方が違うのですが、なんといっても
「必要以上に材料要らない」という点では当レシピが最強です。
(と勝手に自分で思ってる)

実りの秋を感じるサツマイモですいーとぽてと如何ですか?
我が家にはデジカメなんてものがないので字ばっかりだけどご容赦を。


<材料>
サツマイモ:1本(なるべく太い方がいいよ)
砂糖:気の向くまま
牛乳:冷蔵庫から持って来よう
卵 :同じく冷蔵庫から1個調達
生クリーム:入れると芋くささが抜けるのであると便利。
      ない場合はポーションミルクでフォロー。
      今回は冷蔵庫にあったスプレーホイップ使用。
バニラエッセンス:うりゃうりゃうりゃって程度


<作り方>

1.サツマイモを洗って皮むいて4つ切り位にして
  水に晒す。(サツマイモ灰汁が凄いよ)


2.サツマイモの水を切って鍋に投入。
  そこに牛乳と砂糖を入れてサツマイモを煮詰めて潰していく。
  牛乳が蒸発したら足してOK、アバウトに行こうぜ。
  但しこの行程以降は牛乳足しちゃダメ。
  この時点で味を調えておくといいかもしれない。


3.溶いた卵を鍋に投入。更に混ぜて潰して。
  この時少し卵を残しておくと後々便利。


4.生クリーム投入。更に(以下略)


本当はこのあたりで漉し器でも使うのでしょうが
手作りらしさをアピールするのであれば多少塊があってもいいと思います。
ってかぶっちゃけメンドウだから木べらで潰しまくりました。


5.思う存分混ぜて潰したらあら熱が取れるまで放置。
  湯気が立たなくなったらバニラエッセンスをうりゃうりゃと。


6.手で整形したりカップに詰めたりしたらトースターかオーブンへ。
  オーブンに耐えられるカップだったら8~10分、
  耐えられないヤツだったら5分で取り出しましょう。
  少量とって置いた卵をぽてとの表面にちゃちゃっと塗っておくと
  きれいに焦げ目がつくらしいです。
  しかし私はついた試しがありません。


7.冷ましてから召し上がれ。


携帯のカメラで撮ってみましたが、大体こんな感じ。
すいーとぽてと


煮詰めるのに時間がかかるので小一時間かかりますが
なかなか楽しいのでお勧めだったりします。


おいもを潰してる時、ゴルチケ消化とかマジどうでも良くなった(笑)

| レシピ | 14:19 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

(なるべく太いほうがいいよ)に





大興奮。

| ETO | 2006/10/18 16:45 | URL | ≫ EDIT

>ETO兄さん

太いだけじゃなくてちゃんと実がしっかりしてるのが一番いいんだよ。
タダ太いだけだと大味な事があるからね。
太けりゃいいってもんでもないのよ~。

| 玉琳 | 2006/10/18 23:52 | URL | ≫ EDIT

太いと言うか凹凸がしっかりしてるのがいいかなって(違

| 姫タロウ | 2006/10/20 09:55 | URL | ≫ EDIT

>姫タン
掴んだ感触は凹凸あった方がいいんですけれどね。
なんていうか処理がメンドウと言うか…

芽ほじくるのメンドクサイ><

| 玉琳 | 2006/10/20 17:49 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://silk04.blog62.fc2.com/tb.php/103-70b95928

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT