| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カレー美味しいよカレー

要塞以降BFしかしてません!
玉琳ですこんばんは。
当然ネタはない。

そういえば我が家のカレーレシピは人に話すと
「へぇ~」と感心されることが多いのに気がついた。
なので今日は久々にレシピエントリとします。

本日のレシピ:カレー
<材料>
人参・玉葱・じゃがいも・肉にカレールウ。
肉はカレー肉じゃなくてバラ肉の方が美味いと思う。

<作り方>
1.人参と玉葱を切る。とりあえず切る。

2.切った人参と玉葱を蒸し器に投入。
  水を30ccくらい入れて12分ほど蒸す。
  蒸してる間にじゃがいもの準備。
  水の量はそんなに多くなくてもいいです。

3.蒸しあがったら別の鍋に肉とじゃがいもを炒めて
  その中に人参と玉葱を投入。

4.全体に油が回ったら水を入れて10分ほど煮てアク取り。

5.アク取ったら火を止めてルー投入
  適当に煮込んで食べるがいいさ!


作り方が違うのが2の「蒸す」という所でしょうか。
これをやると人参と玉葱がぐっと甘くなり
より深みのある味になります。
独立した蒸し器なんかなくても、万能蒸し器で充分です。
(万能蒸し器って実家とかに必ずあると思う。多分)
私はめんどくさがりなので
万能蒸し器を出す→鍋洗う→その鍋でカレー作るってやってます。

ちなみに我が家、蒸し器が大活躍です。
里芋も買ってきたら蒸して冷凍庫に放り込んでます。
そうするとほくほくの里芋をいつでも食べられるのですよ。
これはもう活用しない方法はないでしょー。

洗うのめんどくさいけどな。

| レシピ | 19:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

忘れないうちにレシピメモ

玉琳ですこんにちは。
昨日、お外でザワークラウトを食べたのですが
以前自宅で作った即席モノの方が美味しかったので
忘れないうちにレシピ起こしておきます。
クックパッドで見つけたレシピだったんですが、
会員ページ持ってないが故に再度探すのが面倒になったため
かなり自分テイストが入っております。


本日のレシピ:簡単ザワークラウト
<材料>
キャベツ:適当
   千切りにするにはちょっと多い、けどおかずにする量にしては少ない…
   そんな時に使ってください。
固形コンソメ:半分~1/4個
   キャベツの量にあわせて調節。
   キャベツがたくさんある時は半分使うくらいで。
   ちなみに顆粒タイプなら小さいスプーンで半分くらいかと。
塩:少々
  気持ちぱらっと振る程度
酢:お好み
  玉琳さんは妊婦かと思うくらい酸っぱいのが好きなので
  どぼどぼと入れます
黒胡椒:2~3振り
  白胡椒でもOK。自宅にある胡椒を振り掛けましょう。
水:大体50cc
  コップ1/4くらいをこれまた適当に。
  水が多すぎると水分飛ばすまで大変だし、少ないと焦げる。


<作り方>
1.キャベツをフィーリングでざくざく切ります。
  考えるんじゃない、感じるんだ!
  要は適当ってことですね。

2.鍋に切ったキャベツと塩、水をいれ、キャベツの上にコンソメを乗っけて蓋をし、
  弱めの中火でとりあえず15分放置。
  火が強すぎると焦げるので注意だ。

3.15分立ったら蓋を取って鍋の水分量を確認。
  多かったら弱火にして水分を飛ばします。
  水分があらかた飛んだら酢をどぼどぼ投入。
  全体を混ぜ合わせ、酢が行き渡った所で火を止める

4.鍋を素手で触っても大丈夫なくらい、
  大体の熱が飛んだら黒胡椒をふって味見。
  酢が足りなかったら追加投入してもっかい火をかけます。

5.完全に冷めたらタッパーに入れて冷蔵庫に。


自分で作っておきながら、これかなりウマイです。
これだけでご飯が食べられます。あとお茶菓子にも地味に合う。
今年はキャベツが豊作過ぎて廃棄になっていると聞きましたが
飲み屋はこれをたくさん作ってお通しにすれば良いと思うよ!

通常のブログはこの後すぐ書きます。

| レシピ | 14:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ムシャクシャしてレシピブログ

インできなくてムシャクシャしてます。
ムシャクシャして1日2本記事を書いた。
玉琳ですこんばんは。
後悔はしていない。


インダスで一二を争うほどの家庭的なあの方から
おいしそうなお菓子のレシピを伝授されたので一度作ってみました。
これが以外にウマイのよ。
というわけでレシピ起こし。




<材料>
絹ごし豆腐:200g
ピーナッツ入りチョコレート:1袋
カカオ70%くらいのチョコレート:袋半分
小麦粉:30gといいつつ案外適当
卵:1個
牛乳:おおさじ1
パウンドケーキ型:1個


チョコはスーパーなんかにある100円良品みたいなので十分だし
パウンドケーキ型は100円均一で買っておこう。
お豆腐は小さいサイズで120円くらいのが大体200gなので
実質320円くらいでお菓子が出来ちゃいます。経済的ー。


<作り方>
1.豆腐をパックから出してクッキングシートで軽く水切り。
  水を切ったらボウルに入れてハンドミキサーで崩しまくる。

2.固形をとどめなくなったら卵を投入。
  更に混ぜまくれ。

3.チョコレートを耐熱皿に入れて牛乳をかけてレンジで1分チン。
  その間もひたすらハンドミキサーで混ぜましょう。
  チンが完了したらチョコレートも投入。更に混ぜる。
  混ぜれば混ぜるほど食べた時の口当たりが良くなるので
  自分の幸せのために混ぜまくりましょう。

4.混ぜに混ぜまくったら小麦粉を入れて更に混ぜる。
  オーブンの余熱もこの時に開始。180度に余熱しておきましょう。

5.仕上げにバニラエッセンスをオラオラオラオラオラオラオラと
  振り入れて生地完成。パウンド型に入れてオーブンで40分ほど。

6.焼き上がりはケーキの基本、中央に楊枝か竹串を刺して
  生地がついてこなければオッケー。
  ちなみに我が家は900Wオーブンですがいつも40分では足りず
  60分くらい焼いとります。
  何が原因か不明なのですがとにかく気が済むまで焼きます。

7.冷ましてから召し上がれ。


完成はこんなカンジ。
成果物



普通ブラウニーには胡桃が入りますが、これはピーナッツで代用。
ピーナッツの香ばしい匂いで豆腐の匂いも気にならなくなります。

が、一日置いたりするともうまんま豆腐です。
豆腐以外の何者でもありません。
焼いた30分後くらいに食べるのが一番美味しいかもしれません。
豆腐とは思えない美味しさでしたよ。


私は2回このお菓子を作りましたが2回目に自宅の冷蔵庫に眠っていた
ホイップスプレークリームを4の工程で導入してみました。
豆腐くささがかなり抜けて一日置いても十分おいしゅうございました。


でも普通生クリームなんて常備してないので、
このレシピももう少し改良の余地がありそうです。

| レシピ | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

困ったときのレシピ頼み

コーヒーを良く飲みます。
最近は粉から入れているのですが、使い終わった粉を
フィルターごとベランダに干して、乾いたものを再利用しています。
針山とか、靴の消臭剤とか。
今日も干していたのですが、洗濯物を取り込む頃に
器とフィルターが風でどっかに飛んでってました。
玉琳ですこんばんは。
お隣さん、ゴミ飛んでったらマジごめん。

ネタが思いつかなかったのでネタ作ってきました。
といってもシルクではないです。
困ったときのレシピネタ。
料理が苦手な玉琳のモリモリクッキーン。



本日のお料理はミートパイ。
冷凍食品売り場にある「冷凍パイシート」を使ってみました。
勿論購入は冷食4割引か5割引のときね、冷食って結構高いから。



<材料>
冷凍パイシート:4枚(大きさ的には10*18だったかな)
たまねぎ:1/2個   (常備してあると便利だぞ、たまねぎ)
合い挽き肉:180gくらい(牛が多めの方がステキ)
ミニトマト:4個くらい(なくても全然オッケー。多くてもウマイ)
パン粉:100gくらい?(超テキトーにざばざば入れた)



<作り方>
1.下ごしらえをしましょう。
  たまねぎをみじん切りに、トマトを小さめに乱切り。
  要はざくざく切ってしまえという所。
  パン粉はフライパンで軽く炒っておくといいらしい。
  私は面倒なのでナマでインしましたがね。

2.たまねぎを少量の油で炒めます。
  ペソペソ炒めて色が変わったら肉をイン。
  肉に火が通ったら塩コショウで味付けを。
  ここで冷凍庫からパイシートを取り出しておこう。

3.味を調えて満足しきったらトマトをイン。
  更によく炒めてパン粉を投入。
  よく混ぜたらしょうゆを気持ち入れて更に混ぜる。
  しょうゆを入れると途端に焦げ付くので要注意だ!

4.混ぜつくしたらフライパンを放置して天板の準備。
  天板にクッキングペーパーを敷いて放置。

5.パイシートを半分に切って天板に並べる。
  膨らむので隙間はしっかり空けておく事。

6.具をパイシートにのっける。とにかくのっけろ!
  具沢山ってレベルじゃねぇぞ!ってくらいでもOK。
 (生地が伸びるから多少多く包んでも大丈夫)
  自宅で作るわけなので大量に入れましょう。
  ここでオーブンの180度余熱開始。

7.思う存分盛ったら残りのパイ生地を被せて蓋をする。
  端っこはフォークの背中で潰して閉じていくと売り物みたいな
  閉じ口になるので結構ステキ。
  具沢山の場合は一度フォークの横で潰して伸ばしてから、
  背でスジをつけて行くといいかも。

8.多分余熱が終わっている頃なので天板ごとオーブンにイン。
  20分~25分ほど焼きましょう。
  自分が満足行くまで焼けばいいじゃない。

9.そして完成へ



という感じで作ってみました。
ぶっちゃけやった事といえば「切る・炒める」だけです。

そして完成がこちら。
完成


左のパイの上にあるのはタバコ(マイルドセブンoneの100ってヤツ)。
比較対象がなかったのでとりあえずタバコで。
カメラは母上の携帯をお借りしました。流石いい機種、写りが違う。


肝心のお味はというと、序盤にフライパンで炒めたときの味なので
特別感動もないのですが、注意すべきは油。


パイシート自体にバターが大量に練りこまれているので
それが染み出してエライ事になります。
それがパイの醍醐味かもしれませんが、ちと手に負えません。


なので中に入れる具にはあまり油を使わない方がいいかもしれません。
炒めるにはオリーブオイルを使うといいとか聞きますが
我が家にそんなもんはありません。

あと表面に焦げ目をつけるには溶き卵をつけると
こんな感じに焼きあがりますが、ぶっちゃけ残りに困ります。
上に塗る分なんてホンの少しだから、残りの有効活用法を考えて
使った方がいいかもしれません。
ちなみに半分残ったたまねぎと溶き卵で味噌汁が一番ムダがなくていいかも。


しかしこのパイシート、案外活用方法があるみたいなので
4割引or半額セールのときに一度購入してみてはいかが?



こうして書いてると「んまぁ料理なんかして家庭的なのね」とか
思われて高感度アップしそうですが、
中の人恐ろしく武器用不器用なので手際悪いです。
作るのは好きですが上手かどうかは別問題。
そこんとこ、お間違いのないようにお願いします。

| レシピ | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

すいーとぽてと

昨日のネタなのですがすいーとぽてと作りました。
お菓子の本とかと作り方が違うのですが、なんといっても
「必要以上に材料要らない」という点では当レシピが最強です。
(と勝手に自分で思ってる)

実りの秋を感じるサツマイモですいーとぽてと如何ですか?
我が家にはデジカメなんてものがないので字ばっかりだけどご容赦を。


<材料>
サツマイモ:1本(なるべく太い方がいいよ)
砂糖:気の向くまま
牛乳:冷蔵庫から持って来よう
卵 :同じく冷蔵庫から1個調達
生クリーム:入れると芋くささが抜けるのであると便利。
      ない場合はポーションミルクでフォロー。
      今回は冷蔵庫にあったスプレーホイップ使用。
バニラエッセンス:うりゃうりゃうりゃって程度


<作り方>

1.サツマイモを洗って皮むいて4つ切り位にして
  水に晒す。(サツマイモ灰汁が凄いよ)


2.サツマイモの水を切って鍋に投入。
  そこに牛乳と砂糖を入れてサツマイモを煮詰めて潰していく。
  牛乳が蒸発したら足してOK、アバウトに行こうぜ。
  但しこの行程以降は牛乳足しちゃダメ。
  この時点で味を調えておくといいかもしれない。


3.溶いた卵を鍋に投入。更に混ぜて潰して。
  この時少し卵を残しておくと後々便利。


4.生クリーム投入。更に(以下略)


本当はこのあたりで漉し器でも使うのでしょうが
手作りらしさをアピールするのであれば多少塊があってもいいと思います。
ってかぶっちゃけメンドウだから木べらで潰しまくりました。


5.思う存分混ぜて潰したらあら熱が取れるまで放置。
  湯気が立たなくなったらバニラエッセンスをうりゃうりゃと。


6.手で整形したりカップに詰めたりしたらトースターかオーブンへ。
  オーブンに耐えられるカップだったら8~10分、
  耐えられないヤツだったら5分で取り出しましょう。
  少量とって置いた卵をぽてとの表面にちゃちゃっと塗っておくと
  きれいに焦げ目がつくらしいです。
  しかし私はついた試しがありません。


7.冷ましてから召し上がれ。


携帯のカメラで撮ってみましたが、大体こんな感じ。
すいーとぽてと


煮詰めるのに時間がかかるので小一時間かかりますが
なかなか楽しいのでお勧めだったりします。


おいもを潰してる時、ゴルチケ消化とかマジどうでも良くなった(笑)

| レシピ | 14:19 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT